ページ

2008年11月26日水曜日

アウェー決戦の地へ

久々にこれから成田空港へ。
アメリカでは明日27日はサンクスギビングデー。お店も閉まっちゃうとこが多いらしく、日本のお盆や正月みたく家族で過ごす日だとか。それが終わるとその静けさや一転、翌日からセール突入〜ヽ(*´∀`)ノ 。

絶対に負けられない戦いがそこにはある

という意味不明なセリフを残しこれから国外逃亡しようとしています。
サブプライム問題、リーマンショックと冷たい風が吹きまくるアメリカでも、翌金曜日はやはりブラック・フライデーとなるのかこの目で確認してきたいと思います。

てことで、NY行ってきます。昨年は暖冬だったらしいですが、今年は激寒いらしい。。。( ̄Д ̄;) ガーン


機内乾燥対策に検討してたリップクリームを買いに昨日伊勢丹行くつもりが仕事で行けなかったので、さっきコンビニでこれ買ってきました。
DHC 薬用リップクリーム
「一度つければずっとうるおう」というのがうたい文句で、ちまたでは人気の商品らしい。13時間の乾燥地獄に耐えられるブツであるかどうか検証してみたいと思います。まあ、これでダメだったらあっちでなんか物色しよう。

んでは、そろそろ出かけるといたします。(* ̄▽ ̄)ノ
小町苑のパスポートと間違えないようにしないと…。。

2008年11月25日火曜日

越冬コスメ〜化粧水編〜


デルマビジュアルズで買ったフェイストニック、悪くはないんだけどやっぱりこれからの季節にはかなり心許ない。あれ、夏場にはかなりよさげです。ということで、再度化粧水探しに伊勢丹へ。今回向かった先はSONIA RYKIEL。ちょうど化粧水探しを始めた頃に発売されたVoce Plutinum、これガン読みした結果、もっともそそられた化粧水がソニアさんのものでした。以前行ったのは別のデパートのカウンターだったので伊勢丹のソニアさんはお初です。

SONIA RYKIEL エクラ スプレンドゥール ローション
雑誌にて今季ベストオブ化粧水とこっそり書かれてたこちら、BAさんもおすすめですとのこと。んでもって、化粧水の前に使うと使わないでは浸透が全然違うんですーー、ぜひご一緒にとおすすめされたのがブースター、イドラプルミエール。実際手で試してみたけど、確かにつけた方がいい気が。手持ちのコスメの働きをさらによくしてくれそうな強力助っ人外人となりそうな気がしたので一緒に買ってみました。しかし、1万円で済むと思ってたのに結局1万5000円になってもーた。。。

コラーゲンを強化するというこちらのシリーズ、一回使ったくらいじゃ効果はわかるまいと1ヶ月ほど使い続けてみましたが経過良好です。少しとろみのある白濁したローションですが、パッティングして押し込むもよし、ローションパックしても良し。保湿力も高いし、肌に弾力がつく感じがなんとも言えずいい感じです。これは求めていたものに近いかも。美容液やクリームもこのラインで揃えるともっと良いですよとおすすめされたけど、一気買いするつもりはなかったので購入には至らず。しかし、ローションがいい感じなのでライン使いするともっとぷりんぷりんになるのかも。。と妄想が膨らんでおります。そういや、サンプルくれたよなあ。あれ、どこいったっけ( ̄ー ̄?) いろんなところにモノを置く習性があるため、忘れた頃に出てくることが多かったりする。。。そして、未だに出てこないデジカメケース。どこにあるのさ。。

12/1発売のソニアさんのコフレの中に、イドラプルミエール現品にエクラ スプレンドゥールのローション、セラム、クリームのミニサイズがついて5250円てのがあるようです。イドラプルミエールは持ってて損はないものだし、このラインのお試しにはちょうど良いかと。最近コフレには萌えなくなりましたが、これは買っとくかな〜。

2008年11月23日日曜日

早起きした日は

今日は午前中にマンションの各部屋の排水溝の清掃を業者さんがやりに来るというので、9時頃起床。はえーよ。。。また朝方寝てしまった私は頭ぼーーっとしながら業者さんが来るのを待っていたのだけど、ものの15分くらいでさっさと掃除して去って行ってしまわれた。もう一回寝るかと思ったけど、そういえば取りにきてちょうだいという連絡をもらっていたことを思い出し、東中野のとある窯へ行ってきました。

ここ、InRedでキョンキョンが器作りに行ってたとこです。体験レッスン受けてみましたが、ろくろ回したわけでもなく、ど素人が作ったものなのでなんかみょ〜な形の器ができあがっておりました。。。orz
いっそのこともっとへんてこな形にしておくんだったと思ったりもしましたが、ただ、色つけや釉薬かけたりするのを先生がやってくれたのがせめてもの救いで、まあ、なんかには使えるだろう。いつかろくろ回してみたいもんです。

この工房は築60年以上の一軒家なんだけど、すごくいい感じでねえ。先生がもともとグラフィックデザイナーというのが大きいのか、なんかKu:nelとか雑誌に出てきそうな内装で通いたくなる場所。今年はコスメブログにスピ入れてみたけど、来年は"焼き"入れてみるのもいいかもしれない( ̄∀ ̄*)なんて思ったりしてるとこです。

11/28〜12/4まで恵比寿のEkocaで太宰先生の作品展。陶芸勉強した先がイタリアというのもかっこいい。
太宰先生の工房はこちら→スイル窯






東中野までやってきたので、ついでにうつわ屋さん、間・Kosumiへ。
ちょうど和田麻美子さんの個展開催中。初めて見たけど、すんごい可愛い土鍋があってゲリラ物欲発生。土鍋といっても小さい鍋でスープとか作ってそのままテーブルにもってきて絵になる感じのもので、あーー、こっちの形もいいし、こっちの色も捨てがたいと、一人頭の中であーーあーー言ってたら、ジュリーの「勝手にしやがれ」がループし始めました。こういうところはきっとニコニコ現金払いだろうと思うのですが、とりあえず鍋代くらいは財布に入ってる。しかし、あのテカテカだけどモチモチになる化粧水と同じ値段。。使ってなくなるものにするか使いこめるものにするか、あーーーーとまた頭を抱えてたらジュリー再ループ。。。しかし、そんなに料理するのか、自分?というのでやっとこゲリラ物欲を押さえ込みました。でも、まだ28日まで個展やってるらしいし、もっかい行ったらアウトだな。カーーッ、でも、あれで豆とか煮てみたい。(注:豆なぞ煮たことはないです。。。)

この後、落合方面にいい感じのカフェがあるという話を耳にしたので行ってみようかと思ったけど、あっち行くとまた戻ってくる際にうつわ屋の前を通ることになり鍋抱えて帰ることになりそうだったので、自制心を保つためカフェへは行かずこちらでお買い物。
Le Jardin Gaulois(ル・ジャルダン・ゴロワ)
昨日VIRONのキッシュを食べたら、またキッシュが食べたくなったのでここで購入。なんでこんなとこにあるねん?っていう不思議な商店街にあるフレンチ総菜屋さん。確か銀座のプランタンにも入ってたはず。フランス人らしき店員さんはものすごい流ちょうな日本語を話されておりました。たぶん、ここでDAIGOだったらロックポーズでキッシュ!!(彼はカツオ食ってFishって言ってた)だろうとなんともくだらないことしか頭に浮かばない自分が悲しかったりする。。。

んじゃ、今晩はワインとこれで、ついでにパンもいっとく?ってことで東中野ではないですが、同じ中野区のLebois(ルボワ)へ。丸の内線の中野富士見町が最寄り駅。そうそう来ないだろうという場所にありますが、まあまあ名はしれているようです。火・土曜日限定のパン(名前忘れたよ。。)とミニサイズのバゲットみたいなのと30個限定というモンブランデニッシュを買ってみました。う〜ん、胃袋、絶好調のようです。

しかし、今日で3日連チャンで更新とは。暇なのか、自分?ヾ( ̄o ̄;)

2008年11月22日土曜日

越冬コスメ〜クレンジング編〜

やっと寒くなってきた気がする今日この頃。夏場はメイクも適当だったせいかクレンジングもガミラさんオンリー。半落ちメイクくらいは問題なく対処してくれていたのですが、こう空気が冷たく乾燥してくるとそういうわけにもいかない気がしてまずはクレンジング見直すことにしました。

今回白羽の矢がたったのは、
dermaviduals(デルマビジュアルズ)。
当初化粧水を探してここに来たんですが、どうもここの化粧水がしっくりこない。乾燥肌用のローションは手にお試ししてみるとテッカテカ。それに18900円とお高い。。オールスキン用というスプレー式のローションはキュウリの香りのするさっぱり系。尿素入ってるし、手にとって押し込めばまあ悪くはないかもなあ、でもなんかパンチが足りないねと決めかねていたところ、BAさんが出してきたのがなぜかクレンジング。DMSクレンジングミルクフェイストニックを一緒に買うと、もれなくこの美容液の中から好きなのつけますとのこと。クレンジングミルク手の甲でお試ししてみたところ、トロトロしてて気持ちがいい。実はここの一番人気とのこと。ローションにはパンチが足りないが、このクレンジングは良さげということで、美容液(5ml)をおまけしてもらい買ってみることに。

実際メイク落としに使ってみると、スルスル肌の上をすべるような感じで気持ちいいのだけど、洗い上がりになんか膜はったみたいな感じが残って、ひさびさのミルクレに最初はちょっと引き気味でありました。でも、慣れてくるとメイクはちゃんと落ちてるし、つっぱり感もなし。膜っぽいと感じてたのはもってかれすぎないようにバリアしてくれてたのやもしれん。ここの特許成分であるDMS®は角質層を補修してくれる成分らしいし、なにげに肌表面が補修工事されていたのかもしれないと思うと、なんやありがたい気分にすらなってきた(-∧-)。
どうもデルマさんとこのは、時間がたつとその良さがわかるというか、実はあのテッカテカになった乾燥肌用の化粧水、しばらく時間が経つとすんごいモチモチした手触りに変わっておりました。う〜む、欲しい、あれ。。。

それから、おまけでもらったこの美容液、私はビタミンAのものをお願いしたつもりがコエンザイムQ10が入ってて、まあ、ただでもらったものだし、いいやと使ってみたところ、これが思った以上に良かった。ハリが出て肌が元気になる感じが、最近しぼみ気味であった私の肌にはひじょーに美味しかった(?)。なんかで読んだけど、日本人女性に欠かせない5大美容成分のうちの一つはコエンザイムQ10だそうです。次回は大きいサイズを買ってみよーー。実はこのおまけが一番パンチが効いてたかも。

2008年11月21日金曜日

お茶の形をしたサプリメント

マッサージなどに行くと出てくる確率が高いのがハーブティー。正直、ハーブティー、最高ーーと思ったことは一度もなかったりする。なんかみょーに草っぽかたり、根っこっぽかったり、なんだよこれってのもたまにあったりするのであえて進んで飲むことは少ないのだけど、なんとなく体にはいい気はしてます。日頃の不摂生極まりない生活に反省の意を込めてたまーに買ったりもしてたんですが、これがまったくと言っていいほど続かない。どうも葉っぱで買うとムリポらしいので、ティーバッグなら大丈夫かも?と買ってみたのがこちら。

Traditional Medicinals
思えば今年の夏は胃もたれ最強でありました。以前は毎日ラーメンでもいい、とんこつ以外はラーメンとは認めない、ラーメン二郎だってどんと来いの強じんな胃袋の持ち主だったはずが、いつの頃か胃がこってり系を拒否り始めました。しばらく胃薬飲む生活が続いていたのですが、薬=エンドレスな気がしてどうにかならんもんかとお世話になってるサロンのディレクターさんに相談してみたところ、ここのEater's Digestがおすすめとのこと。まあ、だまされたと思って飲んで見るかと普段コーヒーを飲むところをこのお茶に変えてみたところ、2週間ほどたった頃でしょうか、胃薬いらなくなりました。毎日毎日飲んでたわけじゃないんだけど、こってりめのものを食べた後とかこれを飲むようにしたら胸焼けや胃もたれの類が解消〜ヽ(*´∀`)ノ 。原材料はペパーミント、フェンネル、ショウガ、ローズヒップ、パパイヤ、アルファルファ、ケイヒ。有機栽培ものらしく、ティーバッグも無漂白とかでアメリカのものにしては結構こだわりのお品のようです。

種類も豊富でサイトを見たところざっと27種類。ローズヒップも飲んでますが、これはやっぱりお肌には良いようです。ディレクターさんによると、お酒を飲む機会の増えるこれからの季節にはDandelion Rootなどもおすすめとのこと。しかし、これはあまりうまくなかった気が。。。あ、ジンジャーものは良かった気がします。ぽかぽかになるのでこれからの季節よろしいかとー。

しかし、すっかり胃の調子が戻って食欲増進。き、危険だわね。。










某日吉祥寺にて採取したもの。
●はらドーナッツ
最近増殖してるドーナッツ屋さん。吉祥寺の中道通りをずいぶん先まで行ったところにありますが、結構人気なようで売り切れるらしい。豆乳とおからを使った素朴なドーナッツ。お店のロゴやリーフレットの類が無駄にかわいい。

●Dans Dix ans(ダンディゾン)のパン
表参道のデュヌラルテの姉妹店。こういうおされパン屋が家の近くに欲しいものです。どうでもいいけど、名前がリア・ディゾンに似ている。。

●紀の国屋のあわ大福
��個でおなかいっぱいになるボリューミーな粟入り大福。甘すぎないので意外といけそうだけど2つは無理。。その日のうちに食べないと翌日はカチカチ。本店は武蔵村山だとか。吉祥寺のロンロンで売っとります。

メンチ買おうかと思ったけど、並んでたのでやめました。しかし、あれもって電車に乗るとものすごいにおいが。。。そういえば、「グーグーだって猫である」は、肉のサトウの宣伝としか思えなかった。。。

2008年11月15日土曜日

パワースポットで石を洗う

さて、このマイナスイオン絶賛放出中の木々、東京のとある場所それも渋谷区だったりします。原宿駅はこの木々のおかげかホームに立つと夏でも涼やか。そう、この緑々しい場所は明治神宮。皇居と並ぶ東京のパワースポットらしいですが、なんでも、ここにはこんこんと水のわき出る井戸があるとか。なにやらその水、パワーを発している気がしてならない。ということで、おじいさんは山へ芝刈りに、おばあさんは川へ洗濯に、かとりーぬは井戸へ石を洗いに行きましたとさ。

石と言えば、おなじみ愛光堂さんのブレスレット。はずす時は今日も1日ありがとさーーんと水晶クラスターの上に置いたり、観葉植物に掛けたりしております。石の浄化方法には、水晶クラスターの上に置く、水で洗う、粗塩の上に置く、月光浴、セージの煙でいぶすなどなど人生いろいろ浄化法もいろいろ。愛光堂さんでは観葉植物などに掛けるのを推奨されているようですが、私のブレスレットに使われてる石は水に弱いものはないってことなので水洗いもOKと言われました。ということでたまには違った趣向で石への感謝の意を表してみることに。


ただでさえ、だだっぴろい明治神宮。この中に500円払って入る御苑があるとのこと。その広さ83,000平方メートル。この広大な庭園を奥の方へずんずん進んでいくと、あったよ、井戸。加藤清正が掘ったと言われる清正井、毎分161リットルの水が湧き出てるとか。井戸といっても貞子が出てきそうなおどろおどろしさもなく、小さい池という印象。人も少なかったので、ちょっくら失礼してブレスレットを水の中に浸しちゃぷちゃぷっと振ってみたところ、ブレスレットから

ぼわわーーーんとものすごい波紋放出。

手つけただけの時とは違う水がぶるぶる震えてる感じが。す、すげい。一人感動しつつ、水から引き上げ、あらためてブレスレット見てびっくり。なにこれ、めちゃくちゃ光ってるんですけど。そんなに汚れてたはずはないのだけど、いつもと違った趣向にお石様も満足してくれたのかえらいことキラキラ度アップしました。さすがパワースポット、かなりチャージされたと違いますか。今年もあとわずかですが、なんか言い夢見れそうな気がしてきたよ( v ̄▽ ̄) 。

ちなみにこちらが御苑の入場券。なんか可愛い。しかし、この日ここに着いたのは、すでに15時30分。16時10分閉門らしいので、あぶなかった。。。行かれる方は陽が高いうちに行った方がよろしいかと。

パワースポットとしては、皇居よりこっちの方が近いので今度からこっちをごひいきにさせてもらうといたします。ついでにお参りして帰ったけど、本殿がこれまた遠い。。真鍋かをり嬢がセグウェイがあれば…と言うのもよくわかる。しかし、神宮とセグウェイ、かなり未来的な絵面かも( ̄▽ ̄;)。

2008年11月13日木曜日

有馬温泉のおみや

先週末、親戚のお祝いごとで有馬温泉へ。大阪でいったん集合しましょうという話だったので新幹線で新大阪まで行き、梅田方面へ移動。おぉ、しめしめ、これはエレミスコースではないか、イヒヒ( ̄∇ ̄)と喜んだのもつかの間、今日は有馬温泉でお茶会なるものが開かれていて渋滞しそうなのでさっさとバス乗って行くべしとのお達しが。。。( ̄Д ̄;) とりあえず、お昼ご飯にお好み焼きだけ食べて即効移動することになり、やはり予想どおりエレミス、ニアミスとあいなりました。でもね、この日遠くはオーストラリアからかけつけたおじさんの話によると、1000ドルを日本円に替えたら57000円にしかならんかったそうな。ただいま円最強らしい。なのでエレミスはやっぱりアメリカで買ってもらおうかと。オーストラリア行きの航空券もお安くなってるとかで、ラリアにUGGでも買いに行っとく?(でも、たぶん、似合わない)と脳内妄想は広がるばかり。。。

エレミスはスルーして早々に有馬温泉行きのバスに乗ったものの、このお茶会なるものかなりのクセ者で渋滞がはんぱなかった。途中降りて歩いていった人もいたとか。どこでも寝れるかとりーぬはバスでぷーすか寝ていたおりましたが、着いた時には日もとっぷり暮れておりました。おいおい、何時間かかったんだよ。
まあ、時間はかかったけどとりあえず無事着いたので温泉へ。ここの温泉しょっぱいのね。それに、熱い。熱湯風呂(?)好きの私としては好印象。しょっぱいせいか肌がひきしまる感じがしました。

ここの温泉においてあったわけではないですが、お土産を物色していたら目について名前だけで買ったのがこちらの石けん。「美肌石鹸」なんて書いてあったらそりゃ即買いだろう。使ってみたところ、正直ふーーーん(・-・)って感じでありました。見た目グリセリンソープにしか見えないけど、うっすら黄味がかってるのはここの温泉水使ってあるからでしょうか。香りも嗅げばそれなりにする程度。特に珍しい香りでもなく、オーソドックスな石鹸臭。泡立ちは良いので使い勝手は悪くない。ピキーーンとつっぱることもなく、お風呂上がりの肌はサラサラでありました。ただ、コラーゲン配合などと書かれておりますが、その亀印とは関係ないよね?( ̄◇ ̄;) キモイので深くは追求しないことにしよう。。。

有馬温泉のおみやと言えば炭酸せんべいが有名のようですが、なんかゴーフルっぽくいたって普通な感じ。個人的にはヒットだったのがこちらのサイダーラスク。見た目普通のラスクですが、サイダーラスクという名前のとおりシュワッチな食感が妙にクセになります。これ、東京ラスクよりもうまいやもしれん。なかなか新しい味でありました。

2008年11月2日日曜日

関西上陸


実は明日、久々に関西へ行く予定です。親戚の結婚式で神戸に行って以来なのでかれこれ4〜5年ぶり。とはいうものの、今回個人的に遊びに行くわけではないのであまり自由な時間はないのかもって感じなのですが、とりあえず行ってみたいコスメのカウンターが大阪にあるのです。

先月初め頃、日本に初上陸したというイギリス発のコスメElemis。イギリス本国のSPAは大変人気らしく予約もなかなかとれないとか。ここのフェイシャル、かなりすごいって噂です。なんでも、1回のトリートメントで肌がの表面が75%リニューアルされるというメニューがあるらしい。ホームケア用のスキンケアアイテムもいろいろ揃っていて、これは是非とも使ってみたい( ̄w ̄)と思い、半年ほど前妹に頼んでアメリカから送ってもらいました。Bootsもそうだったけど、イギリスものは結構アメリカで売ってる。ひじょーに便利。

Elemis Papaya Enzyme Peel
今回買ってみたのは、欧米で人気というピーリングマスク。
名前から察するとおりパパイヤ酵素を使ってあり、う〜ん、ええにおい。これがパパイヤの香りかどうかは定かじゃないけど甘い香り。ピーリングといってもElemisは天然成分系が売りなのでいたってマイルド。ミルクプロテイン、ビタミンE、海草成分配合とのことで、つっぱった感じもなく肌が弱い人でも使えそうな感じです。エステ行く時間なくて、なんか肌がざらついてるってな時にはかなり重宝しております。使い心地も良く、桃のようなウブ肌が表れるのが楽しい。私は、なにはともあれ、クリームや美容液の効果を最大限に活用するにはまずはピーリングだと思ってるピーラー(?)なので、これもお気に入りのピーリングアイテムとしてインプットされました。

今のところ、これの他にピーラーのお気に入りピーリングものは
ドクターブラント microdermabrasion(マイクロダーマブレージョン)KENZOKI エクスフォリエーティング ジェントル マスク
ピーラーのくせに皮膚薄なのでそうそう使えないのがたまにキズ。。。


ということで、好感触だったElemisさん。他にも使ってみたいアイテムはぎょうさんあるので、明日は阪急梅田本店に行けたらいいなーと思ってるとこです。しかし、食い気が先の私は結局、

エレミス、ニアミス(なぜかジョイマン風…)

になってしまいそうな予感も。。。( ̄▽ ̄;)

さっきElemisの日本版サイトみたけど、このPapaya Enzyme Peelは取扱なしなのね。本国アイテム全部扱ってるわけではないのか。アメリカだとNordstromで扱ってるのでそっちと比べてみても、値段違うし。。。orz 
円高だしあっちで買った方がいい気がしてきた。しかし、悩ましいかなサーチャージ。ムキーーーッ。