ページ

2009年3月6日金曜日

南の島で欧米か!〜リゾートホテル編〜


うーーー、東京はさぶい。。一昨日までTシャツ&短パンスタイルで平気な場所にいたので余計そうなのかも。もう3月なのにーー。
さて、今回の私のデスティネーションはプーケット。コスメをはじめ欧米に果てしない憧れのあるかとりーぬは、これまでアジアに関してはアウトオブ眼中でした(アジア地域は韓国しか行ったことない)。多分、自ら進んで行くことはないだろうと思っていましたが、なにゆえか今回初東南アジア。そろそろ、欧米か!あきた?

成田から約7時間、プーケット到着。機内は結構混み混み。意外と、男組が多いのが印象的でありました。
プーケット空港到着後、いらっとするくらい時間のかかる入国審査を終え、車で南下すること約1時間。今回のお宿、エヴァソン・プーケットに到着。ここはにぎやかなパトンビーチからもプーケットタウンからも離れた場所にあり、ホテル周辺に特になにかあるわけでもなく、いろんなものが揃った広大な敷地にある静かでおこもり感ばつぐんのTheリゾートホテル。それになんといっても、あのシックスセンシズ リゾート&SPAグループのホテル、SPAも期待できそーー。

通りからホテルの看板が見えたので到着かと思いきや、エントランスまでがまた遠い。途中、警備の人たちが数人いて、車はセンサーでチェック。警備けっこう厳重。やっとホテルエントランスに到着したところまず目に入ったのがこのトンネル。トンネルを抜けるとそこは雪国ではなく南国グッドルッキング(?)ビューが広がる素敵レセプション。親切なスタッフさんたちが出迎えてくれ、ウェルカムドリンクをいただきながらチェックイン手続き。レモングラスのドリンクっぽかった。まいうー。
昼間は海をバックに美しい景色が広がるこの場所も夜になると火がたかれムーディーな場所へ一変。夜はBarになり、お酒も飲めるとのこと。エントランスのトンネルも夜はオレンジの光が幻想的な感じを醸し出し、ここを通るだけで、Oh~とってもリゾーティ〜ヽ(*´∀`)ノ としょっぱなから気分あがりっぱなしでした。

そして、今回のお部屋はこちらのタイプ。
当初のプランではストゥーディオだったけど、なぜか旅行会社が勝手にアップグレードしてくれ、デラックスルームに。広くなってラッキー( v ̄▽ ̄)。人はこういう私のことをおいしいとこどりと呼ぶが、ただ、ビューは海側じゃなかった。こういう落ちが付いてるとこがまたひじょーに私ぽかったりする。。。

この部屋の中でかとりーぬが一番気に入ったのは、洗面台。錫でできたシンクのようですが、金属系アイテム好きとしてはかなり心惹かれました。ホテルのショップで売ってたので、購入して帽子代わりにかぶって帰ろうかと思ったくらい。
2番目のお気にはベッドの枕。実は巨大でふかふかした枕好き。枕が変わって眠れないなんていうしおらしい性分ではなくどこでも寝られるタイプですが、これ、とても気持ちいい。おかげであいもかわらず、お休み3秒。これも買って帰りたいが、錫の皿をかぶって両脇にでかい枕は挙動不審すぎだろう。。。( ̄▽ ̄;)

デラックスルームはバスルームも広々。洗面台は2つ。バスタブも広く足伸ばして入れるゆるゆる仕様だけど、お風呂の水は微妙に泥臭い。とりあえず、置いてあったバスソルトをモリモリ入れてみたところ、あまーいレモングラスの香りが漂い、少しましになりました。お水事情はよろしくないようです。蚊もいるので、お部屋にはうずまき形の蚊取り線香が。なぜか設置するのが亀さんの置物だった。日本ではブタさんだよね。







足りないものは言えばもってきてくれるので、このホテルにはビーチバッグがあると聞いていたかとりーぬはさっそくオーダー。ついでにスリッパやコーム、お香なんかもお願いしてみたら全部持ってきてくれました。ビーチバッグはでっかいカゴバッグで可愛らしい。困ったことがあったら何でも言ってくださいという日本人のスタッフさんも2人いらっしゃったし、現地の方とおぼしきスタッフさんも英語通じるし、言葉のストレスが少ないホテルでありました。

英語は万国共通語と化してるとはいえ、見渡すとこのホテル、限りなく欧米人が多い。どこ行ってもいる私たち日本人がちょびっとに8割方欧米人。ヨーロッパに住む方々のVacation先として人気のようです。
ということで、今回私は彼らのVacationスタイルにならって行動してみようと彼らを観察しつつ滞在してみることにしました。こうして初東南アジアにもかかわらず、ますます欧米かぶれと化したのでありました。つづく。

4 件のコメント:

  1. プーケットでしたか!まさにリゾートですねぇ~。いいないいな。ウェルカムドリンクってあたりがまさに南国!あたしはまだ経験がないですわ・・それにしてもこのトンネル!珍しい~~!素敵!
    枕が変わると眠れないあたしは、、海外ではもっぱら限界まで体力を出し切って気絶コースです。。3秒派とは・・羨ましい~

    返信削除
  2. かとりーぬ→chinさん2009年3月8日 6:00

    リゾート地ってハワイくらいしか行ったことなかったんだけど、ここのんびりできて良かったですよ〜。また行ってもよいなあ。
    体力の限界までっていうのはよくわかりますー。私もたいていそのパターンでしたが、今回はなんていうか寝てばかりいた気がします。人には「どこでも寝れていいね」と「まゆげあっていいね」はいつも言われてます。ははは。。

    返信削除
  3. すごい綺麗。トンネルがいい雰囲気ですね。
    ああ、トリップしたい。はぁ~。
    リゾート地でのんびりって私も出来ないのだけれど、
    ここなら毛穴開くくらいの~んびり出来るかしら?

    返信削除
  4. かとりーぬ→Keyさん2009年3月9日 1:16

    Keyさんも、目的目指してGOタイプ? これまで私も旅でゆっくりするとは考えもしなかったけど、こういうのも良いなあと思える体験でした。なんせ、外に出るにしても遠いしめんどくさいので、自動的に引きこもらざるを得ないしね。普段動き回ってる人はこういう毛穴開きっぱなしのゆるゆる仕様なとこに来ると良いかもですね〜。

    返信削除